会社売却をする前に知識を蓄えておこう|失敗を阻止

居抜きでコストを抑える

店内

事前の調査が大きなカギに

心斎橋周辺でビジネスを始めるなら居抜きの貸店舗が狙い目です。居抜きとは以前入っていたテナントの備品や内装がそのままになっている貸店舗のことで、これを活用すると出店にかかる費用や開業後のランニングコストを大幅に抑えられます。例えば、飲食店の居抜きの貸店舗だと調理器具や食器が残っているので新しく購入する必要がありませんし、ホールについても最低限のイスや机がすでにありますから少し手直しするだけで使えます。これらをゼロから自分で購入するとそれなりのお金がかかりますし、それこそ内装工事から始めるといつ頃に完了するのかが不透明なので今後の方針を立てるのも難しくなります。幸運にも心斎橋には居抜きの貸店舗がたくさんあるので利用しないのはもったいないです。しかし、居抜きの貸店舗を利用する際には注意点もあります。不動産業者の物件紹介の欄に『居抜き』と書かれていても何がどのくらい残っているのかはまちまちで、それを考えると前もって設備を確認してから借りるかどうかを決めるべきです。また、心斎橋で営業していた前オーナーがどうしてその物件を手放したのかについてもきちんと検証しておきましょう。もちろん、売り上げどうこうではなく単純に店を畳んだだけならそこまで意識する必要はありませんが、何か別の理由があったのであればそこを調べることでそれをヒントに自身のビジネスを成功させられます。心斎橋は人の流れが多いのでビジネスチャンスは多いですが、経営を上向かせるためにはやはり入念が準備が大切です。